マッドファーザー 攻略 お嬢様が大きな声を出されましたがお構いなしにまた再びお尻を撫でます そしてもぞもぞ動かすたびにお尻を叩くのです 「やだ…もうやめて…」 お嬢さまの呼吸も荒くなってきました でも構わずメイド長は叩いては撫でを繰り返します 「もうしません…ごめんなさい…」 執事様 事もあろうか、メイド長はお嬢様の大事な部分を指でなぞったのです [作者名] 亜季乃."/>

執事様

17.08.2021
著者: Kazuhiko

起業した当初は日本では執事というものがあまり知られていなかったのですが、ドラマ『メイちゃんの執事』やアニメなどで認知度がどんどん高まっていきました。それにつれて、「執事サービスを体験したい」「執事になりたい」という問い合わせがどんどん増えていきましたが、遊び半分で執事サービスを体験したいというような問い合わせは、申し訳ないのですが、お断りしていました。 笑.

月間 【悲報】ケンタッキーの8日間限定『お盆パック』は本当にお得なのか? 実際に買ってみたら…微妙に手を抜かれていた 【ヤバい】美容室で「ラーメンマンの髪型にして下さい」とお願いしたら想像の倍ラーメンマンになった 【機能性抜群】ワークマンの「タフ旅リュック」がかなり本格的! キャンプや登山、防災用としても使えるぞ! 【超朗報】ケンタッキー、期間限定「円パック」でついに本気を出す!「創業記念パック」をも上回る最強コスパ!!

お嬢さまは再び私の顔をちらっと見てメイド長の膝の上にうつぶせに乗られました 「お嬢様ともあろうお方が、はしたないマネをなさってはいけませんよ」 「ごめんなさい…」 「お尻にしっかり教えてさしあげますからね!」 そう言ってメイド長はいきなりお嬢様の下着に手をかけ、いっきに膝まで下ろしました 「やだ~~!」 お嬢さまは恥ずかしそうに声をあげ、足をバタバタして抵抗なさいます ですがメイド長の手でしっかりと腰を押さえられています 「足をばたばたなさってはいけません!」 パチン! メイド長はお嬢様の足を軽く叩きました 「抵抗すると、大事なところが伊里さまに見られてしまいますよ?」 そう言われてお嬢さまは足を動かすのを止められました 「ではいきますよ?」 ぱちーーん! ぱちーーん! ぱちーーん! 女性とはいえ、長年メイドとして働いてきたメイド長の手はとても分厚くまるでパドルのようです ぱちーーん! ぱちーーん! ぱちーーん! 音もかなり大きく、正直私がお尻を叩くよりもいい音がいています お嬢様もかなり痛そうで、声も出さずにぎゅっと目を閉じ耐えておられます ぱちーーん! ぱちーーん! ぱちーーん! 5分ほど平手で叩いたあとメイド長が言いました 「お膝から降りて、ベッドに仰向けに寝てください」 お嬢さまはゆっくり立ちあがり、ベッドに上がられました メイド長はお嬢様がベッドに上がられたのを見ると自分も立ち上がり、お嬢様の勉強机から長い定規を取り出しました そして再びお嬢様に近づき言いました 「お嬢さまのここは非常にはしたないようですね」 そう言って定規でお嬢様の恥部をなぞりました 「や…やだ…やめて」 お嬢様は顔を真っ赤にされています 「私が気づいていないとお思いですか?」 そう言ってお嬢様の両足を手で掴み持ち上げました [作者名] 亜季乃.

メイド長はやっと手を止め、定規を置きました そしてお嬢様の足を抑えたままお尻を撫でました 「ぁ…ぅ…ん」 お嬢さまはお尻をもぞもぞと動かし、小さく声を出されました すると ぱちーーん! メイド長の平手がお尻を叩きました 「あ~~~ん!」 お嬢様が大きな声を出されましたがお構いなしにまた再びお尻を撫でます そしてもぞもぞ動かすたびにお尻を叩くのです 「やだ…もうやめて…」 お嬢さまの呼吸も荒くなってきました でも構わずメイド長は叩いては撫でを繰り返します 「もうしません…ごめんなさい…」 お嬢様がそう仰った時、私は目を疑いました 事もあろうか、メイド長はお嬢様の大事な部分を指でなぞったのです [作者名] 亜季乃.

お金持ちのシンボルとして見られることの多い 「執事」 。アニメや映画で一度は見たことがあるが、実際に執事を見たことがある方はほとんどいないだろう。そう、執事とはその実態を知る者が少ない非常に謎多き職業なのである。. 日給20万円のバイトに応募してみた! 【毒舌注意】海外サイトが選ぶ「原作は神作だったのに実写化して超ガッカリした日本の漫画3選」 【ベトナム始まってた】パンツ一丁のマッチョ兄貴が優しく接客! ベトナムで誰もが「ウホッ」となる美容室が激写される 被って街に出るのにとても勇気のいる「キャップ」を発見してしまった…… powered by logly lift.

メイド長はいちどお嬢様を立ち上がらせ、下着をきちんと戻しました そしてこう言いました 「お洋服がシワになっては大変ですので、下着以外全部お脱ぎください」 「全部??」 お嬢さまは驚いて聞き返されました 「そうです」 メイド長は顔色ひとつ変えずにそう返事をしました お嬢さまはいちど私の顔をチラリと見られ、そしてしぶしぶ上着をとられました 「伊里さま、お嬢様のお洋服をお預かりして、クローゼットにおかけ下さい」 「かしこまりました」 私は恥ずかしそうに俯いてボタンをひとつひとつ外しておられるお嬢様から上着をお預かりしました 続いてブラウス、そして最後にスカート お嬢さまはスリップとブラジャーとショーツだけを身にまとって恥ずかしそうに立っておられました 私はお嬢様の服をクローゼロにかけ、一礼して部屋を出ようとしました すると 「伊里さま、どちらへ?」 メイド長が私を呼びとめました 「私はメイドの身分です。勝手にお嬢様をお叱りしたとなれば、私もご主人様にお鞭を頂くことになります。どうぞその椅子にお座りになってお仕置きをご覧になってください」 メイド長にそう言われ、私は先ほど座っていたお嬢様のお勉強机の椅子に腰かけました メイド長は向かいのベッドに腰かけて 「さあお嬢様、先ほどのように私のお膝にお乗り下さい」 と言いました [作者名] 亜季乃.

起業した当初は日本では執事というものがあまり知られていなかったのですが、ドラマ『メイちゃんの執事』やアニメなどで認知度がどんどん高まっていきました。それにつれて、「執事サービスを体験したい」「執事になりたい」という問い合わせがどんどん増えていきましたが、遊び半分で執事サービスを体験したいというような問い合わせは、申し訳ないのですが、お断りしていました。 笑.

… …… 星の使徒研究所 鍵 執事様. Follow RocketNews … …… [] ? 20 3 …… powered by 執事様 lift? … … … … … …… …… ……… …… …… …… … [] .

日給20万円のバイトに応募してみた! 【毒舌注意】海外サイトが選ぶ「原作は神作だったのに実写化して超ガッカリした日本の漫画3選」 【ベトナム始まってた】パンツ一丁のマッチョ兄貴が優しく接客! ベトナムで誰もが「ウホッ」となる美容室が激写される 被って街に出るのにとても勇気のいる「キャップ」を発見してしまった…… powered by logly lift.

緋色の雨, 菖蒲 & 村上ゆいちの他のブック

月間 【悲報】ケンタッキーの8日間限定『お盆パック』は本当にお得なのか? 実際に買ってみたら…微妙に手を抜かれていた 【ヤバい】美容室で「ラーメンマンの髪型にして下さい」とお願いしたら想像の倍ラーメンマンになった 【機能性抜群】ワークマンの「タフ旅リュック」がかなり本格的! キャンプや登山、防災用としても使えるぞ! 【超朗報】ケンタッキー、期間限定「円パック」でついに本気を出す!「創業記念パック」をも上回る最強コスパ!! お嬢様はいつものように「伊里ぃ~」と声をかけてこられました 私は何のご用か分かっているのですが、あえて知らないふりをしてお訊ねするのです 「お嬢様、何のご用でしょうか?」 「…あのね…宿題で分からないところがあるの…ちょっとお部屋に来て教えて頂戴」 たいていいつもお嬢様はこのようなお返事をなさいます 「分かりました、すぐに参りますのでお部屋でお待ち下さい」 そう言うとお嬢さまは恥ずかしそうに俯いてお部屋に戻って行かれました 私はお嬢様のおやつを持ってお嬢様のお部屋へ向かいました コンコン…失礼いたします お部屋を訪れるとお嬢様はお勉強机の椅子に座っておられました 「お嬢様、お勉強をみにきましたよ?」 私はおやつをテーブルの上に置き、わざとそう言いました お嬢さまはちょとふくれたような顔をして 「…もう!伊里はいつもそうやって意地悪するんだから」と言われました お小さい頃からお嬢様をみてきていますが、お仕置きを待っている時や、こうやってからかわれて困っている時のお嬢様は本当に可愛らしいのです ですからついついからかってみたくなります 「おや?宿題で分からない事があるとおっしゃっていませんでしたか?」 「…そう言ったけど…」 「どこが分からないのです?」 私はお嬢様の机に近寄りましたが、机の上には教科書もノートもありません 「お嬢様、宿題をなさっていたのではないのですか?」 「そうじゃなくて…」 「何ですか?私は忙しいのですが…」 「だから…」 「嘘をついて私をお呼びになったのですね?」 「でも…」 「そんな悪い子にはお仕置きを致します!」 そう言うとお嬢さまは顔を赤らめて俯かれました 私はお嬢様を椅子から立ち上がらせその椅子に腰掛けました 「さぁ!お膝にお乗り下さい!」 [作者名] 亜季乃.

お嬢さまは再び私の顔をちらっと見てメイド長の膝の上にうつぶせに乗られました 「お嬢様ともあろうお方が、はしたないマネをなさってはいけませんよ」 「ごめんなさい…」 「お尻にしっかり教えてさしあげますからね!」 そう言ってメイド長はいきなりお嬢様の下着に手をかけ、いっきに膝まで下ろしました 「やだ~~!」 お嬢さまは恥ずかしそうに声をあげ、足をバタバタして抵抗なさいます ですがメイド長の手でしっかりと腰を押さえられています 「足をばたばたなさってはいけません!」 パチン! メイド長はお嬢様の足を軽く叩きました 「抵抗すると、大事なところが伊里さまに見られてしまいますよ?」 そう言われてお嬢さまは足を動かすのを止められました 「ではいきますよ?」 ぱちーーん! ぱちーーん! ぱちーーん! 女性とはいえ、長年メイドとして働いてきたメイド長の手はとても分厚くまるでパドルのようです ぱちーーん! ぱちーーん! ぱちーーん! 音もかなり大きく、正直私がお尻を叩くよりもいい音がいています お嬢様もかなり痛そうで、声も出さずにぎゅっと目を閉じ耐えておられます ぱちーーん! ぱちーーん! ぱちーーん! 5分ほど平手で叩いたあとメイド長が言いました 「お膝から降りて、ベッドに仰向けに寝てください」 roi festival メイド長はお嬢様がベッドに上がられたのを見ると自分も立ち上がり、お嬢様の勉強机から長い定規を取り出しました そして再びお嬢様に近づき言いました 「お嬢さまのここは非常にはしたないようですね」 そう言って定規でお嬢様の恥部をなぞりました 「や…やだ…やめて」 お嬢様は顔を真っ赤にされています 「私が気づいていないとお思いですか?」 そう言ってお嬢様の両足を手で掴み持ち上げました コロッケblack label 亜季乃.

お金持ちのシンボルとして見られることの多い 「執事」 。アニメや映画で一度は見たことがあるが、実際に執事を見たことがある方はほとんどいないだろう。そう、執事とはその実態を知る者が少ない非常に謎多き職業なのである。 ということで、執事とはどんな仕事なのかを知るべく、執事歴8年の 新井直之(あらい なおゆき) さんにインタビュー取材をしてみた。新井さんは現在、自身でも執事の仕事をしながら執事サービスを提供する会社を経営しており、『執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学』という本まで執筆している。 その執事のエキスパート新井さんに執事がどのような仕事をし、どのような生活を送っているのかなど様々な質問をぶつけてみた。すると、とても興味深い答えが次から次へと返ってきたのだ。その気になる答えは、以下の通りである。どうぞ!! ということで、執事とはどんな仕事なのかを知るべく、執事歴8年の 新井直之(あらい なおゆき) さんにインタビュー取材をしてみた。新井さんは現在、自身でも執事の仕事をしながら執事サービスを提供する会社を経営しており、『執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学』という本まで執筆している。.

コンコン…失礼いたします 入ってきたのはメイドの中でいちばん偉いメイド長でした メイド長はお嬢様をお膝に乗せお仕置きしている私を見てビックリしていました 「伊里さま!これは何事ですか?」 メイド達はお嬢様係りの執事である私に「さま」をつけます ですが、実質私よりも年上で経験も長いメイド長に私は頭が上がらないのが現実です 私はとっさに 「おやつを持ってお部屋に来ましたら、お嬢様がはしたない事をなさっていたのでお仕置きしております」 と嘘を言いました 「そうなのですか?お嬢様」 メイド長にきかれたお嬢様は何も言わずにこくりと頷かれました ご主人様がいらっしゃらない時にお嬢様が粗相をなさったら、お仕置きをしてもよいと私はいわれておりますので、なんらおかしくない言い訳でした ですが、私もお嬢様もきっと顔に出ていたのでしょう メイド長はこう言いました 「そうですか。ですがお嬢様はもうお年頃でございます。私が伊里さまに変わってお仕置きして差し上げます」 [作者名] 亜季乃.

お嬢さまは再び私の顔をちらっと見てメイド長の膝の上にうつぶせに乗られました 「お嬢様ともあろうお方が、はしたないマネをなさってはいけませんよ」 「ごめんなさい…」 「お尻にしっかり教えてさしあげますからね!」 そう言ってメイド長はいきなりお嬢様の下着に手をかけ、いっきに膝まで下ろしました 「やだ~~!」 お嬢さまは恥ずかしそうに声をあげ、足をバタバタして抵抗なさいます ですがメイド長の手でしっかりと腰を押さえられています 「足をばたばたなさってはいけません!」 パチン! メイド長はお嬢様の足を軽く叩きました 「抵抗すると、大事なところが伊里さまに見られてしまいますよ?」 そう言われてお嬢さまは足を動かすのを止められました 「ではいきますよ?」 ぱちーーん! ぱちーーん! ぱちーーん! 女性とはいえ、長年メイドとして働いてきたメイド長の手はとても分厚くまるでパドルのようです ぱちーーん! ぱちーーん! ぱちーーん! 音もかなり大きく、正直私がお尻を叩くよりもいい音がいています お嬢様もかなり痛そうで、声も出さずにぎゅっと目を閉じ耐えておられます ぱちーーん! ぱちーーん! ぱちーーん! 5分ほど平手で叩いたあとメイド長が言いました 「お膝から降りて、ベッドに仰向けに寝てください」 お嬢さまはゆっくり立ちあがり、ベッドに上がられました メイド長はお嬢様がベッドに上がられたのを見ると自分も立ち上がり、お嬢様の勉強机から長い定規を取り出しました そして再びお嬢様に近づき言いました 「お嬢さまのここは非常にはしたないようですね」 そう言って定規でお嬢様の恥部をなぞりました 「や…やだ…やめて」 お嬢様は顔を真っ赤にされています 「私が気づいていないとお思いですか?」 そう言ってお嬢様の両足を手で掴み持ち上げました [作者名] 亜季乃.

  • メイド長はいちどお嬢様を立ち上がらせ、下着をきちんと戻しました そしてこう言いました 「お洋服がシワになっては大変ですので、下着以外全部お脱ぎください」 「全部??」 お嬢さまは驚いて聞き返されました 「そうです」 メイド長は顔色ひとつ変えずにそう返事をしました お嬢さまはいちど私の顔をチラリと見られ、そしてしぶしぶ上着をとられました 「伊里さま、お嬢様のお洋服をお預かりして、クローゼットにおかけ下さい」 「かしこまりました」 私は恥ずかしそうに俯いてボタンをひとつひとつ外しておられるお嬢様から上着をお預かりしました 続いてブラウス、そして最後にスカート お嬢さまはスリップとブラジャーとショーツだけを身にまとって恥ずかしそうに立っておられました 私はお嬢様の服をクローゼロにかけ、一礼して部屋を出ようとしました すると 「伊里さま、どちらへ?」 メイド長が私を呼びとめました 「私はメイドの身分です。勝手にお嬢様をお叱りしたとなれば、私もご主人様にお鞭を頂くことになります。どうぞその椅子にお座りになってお仕置きをご覧になってください」 メイド長にそう言われ、私は先ほど座っていたお嬢様のお勉強机の椅子に腰かけました メイド長は向かいのベッドに腰かけて 「さあお嬢様、先ほどのように私のお膝にお乗り下さい」 と言いました [作者名] 亜季乃.
  • お嬢さまは俯いたまま私のお膝にうつぶせに乗られました 「さあ、嘘をついた悪い子にお仕置きを致しますからね」 そう言ってお嬢様のスカートの裾をめくりあげました 白いショーツが丸見えになります お嬢さまは恥ずかしそうにちょっとだけ体を動かされました 「動いてはいけませんよ」 そう言って私はお嬢様の腰をしっかりと抑えました そして ぱちーーん! 下着の上から思いっきり平手で叩きました ぱちーーん! 「ぅ~~ん…」 ぱちーーん! 「ゃ…」 ぱちーーん! 「ぁ…」 私はゆっくりとお嬢様のお尻を叩きます そのたびにお嬢様は腰をびくっと動かされ、小さな声を漏らされます ぱちーーん! 「ぁ…」 ぱちーーん! 「ぅ~…」 しばらく叩いて私はお嬢様の下着に手をかけました 「反省の様子が見られないですよ?」 「ご…ごめんなさい…」 「悪い子にはこうです!」 そう言って私はお嬢様の下着をお尻の下までいっきに下ろしました 「や…やだあ…」 小さな声でお嬢様はそう言われました お顔は恥ずかしさで真っ赤になっています 「これもお仕置きですからね!さあ、まだまだお仕置きは続きますよ」 ぱちーーん! 私は再び平手でお尻を叩きました 今度はいちど叩くたびにお嬢様のお尻をゆっくり撫でます ぱちーーん! 「ぁ…ゃ…やだ…」 ぱちーーん! 「ん…伊里ぃ…」 ぱちーーん! 「やだ…ぁ…」 お尻を撫でるたびにお嬢様はお尻をくねくねと動かされます 「動いてはいけないと言ったはずですよ!」 ぱちーーん! ぱちーーん! 「だ…だって…」 「だってなんですか?」 ぱちーーん! ぱちーーん! 「だって…」 最近のお嬢様はこうやってお仕置きされながらお尻を撫でられるのがお好きなようです その証拠にお嬢様のアソコはじっとりと濡れてきていました その時部屋のドアをノックする音がしたのです [作者名] 亜季乃.

…. …… …… …… []. [] !

お嬢様の願いは、みんなで迎える文化祭。万能の執事は、死の運命すら覆す!

お金持ちのシンボルとして見られることの多い 「執事」 。アニメや映画で一度は見たことがあるが、実際に執事を見たことがある方はほとんどいないだろう。そう、執事とはその実態を知る者が少ない非常に謎多き職業なのである。 ということで、執事とはどんな仕事なのかを知るべく、執事歴8年の 新井直之(あらい なおゆき) さんにインタビュー取材をしてみた。新井さんは現在、自身でも執事の仕事をしながら執事サービスを提供する会社を経営しており、『執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学』という本まで執筆している。 その執事のエキスパート新井さんに執事がどのような仕事をし、どのような生活を送っているのかなど様々な質問をぶつけてみた。すると、とても興味深い答えが次から次へと返ってきたのだ。その気になる答えは、以下の通りである。どうぞ!!

お嬢様はいつものように「伊里ぃ~」と声をかけてこられました 私は何のご用か分かっているのですが、あえて知らないふりをしてお訊ねするのです 「お嬢様、何のご用でしょうか?」 「…あのね…宿題で分からないところがあるの…ちょっとお部屋に来て教えて頂戴」 たいていいつもお嬢様はこのようなお返事をなさいます 「分かりました、すぐに参りますのでお部屋でお待ち下さい」 そう言うとお嬢さまは恥ずかしそうに俯いてお部屋に戻って行かれました 私はお嬢様のおやつを持ってお嬢様のお部屋へ向かいました コンコン…失礼いたします お部屋を訪れるとお嬢様はお勉強机の椅子に座っておられました 「お嬢様、お勉強をみにきましたよ?」 私はおやつをテーブルの上に置き、わざとそう言いました お嬢さまはちょとふくれたような顔をして 「…もう!伊里はいつもそうやって意地悪するんだから」と言われました お小さい頃からお嬢様をみてきていますが、お仕置きを待っている時や、こうやってからかわれて困っている時のお嬢様は本当に可愛らしいのです ですからついついからかってみたくなります 「おや?宿題で分からない事があるとおっしゃっていませんでしたか?」 「…そう言ったけど…」 「どこが分からないのです?」 私はお嬢様の机に近寄りましたが、机の上には教科書もノートもありません 「お嬢様、宿題をなさっていたのではないのですか?」 「そうじゃなくて…」 「何ですか?私は忙しいのですが…」 「だから…」 「嘘をついて私をお呼びになったのですね?」 「でも…」 「そんな悪い子にはお仕置きを致します!」 そう言うとお嬢さまは顔を赤らめて俯かれました 私はお嬢様を椅子から立ち上がらせその椅子に腰掛けました 「さぁ!お膝にお乗り下さい!」 [作者名] 亜季乃.

メイド長はやっと手を止め、定規を置きました そしてお嬢様の足を抑えたままお尻を撫でました 「ぁ…ぅ…ん」 お嬢さまはお尻をもぞもぞと動かし、小さく声を出されました すると ぱちーーん! メイド長の平手がお尻を叩きました 「あ~~~ん!」 お嬢様が大きな声を出されましたがお構いなしにまた再びお尻を撫でます そしてもぞもぞ動かすたびにお尻を叩くのです 「やだ…もうやめて…」 お嬢さまの呼吸も荒くなってきました でも構わずメイド長は叩いては撫でを繰り返します 「もうしません…ごめんなさい…」 お嬢様がそう仰った時、私は目を疑いました 事もあろうか、メイド長はお嬢様の大事な部分を指でなぞったのです [作者名] 亜季乃.

… … … … … …… …… 執事様 …… ファンキル 海上 プレゼント …… … []. ……… … 執事様 …… … … … … []. ……… … … …… … … 執事様 … []. … … []. 8   53 !? 20 3 …… powered by logly lift!

雉シ蜈・繧ェ繝励す繝ァ繝ウ

Follow RocketNews メイド長はやっと手を止め、定規を置きました そしてお嬢様の足を抑えたままお尻を撫でました 「ぁ…ぅ…ん」 お嬢さまはお尻をもぞもぞと動かし、小さく声を出されました すると ぱちーーん! メイド長の平手がお尻を叩きました 「あ~~~ん!」 お嬢様が大きな声を出されましたがお構いなしにまた再びお尻を撫でます そしてもぞもぞ動かすたびにお尻を叩くのです 「やだ…もうやめて…」 お嬢さまの呼吸も荒くなってきました でも構わずメイド長は叩いては撫でを繰り返します 「もうしません…ごめんなさい…」 お嬢様がそう仰った時、私は目を疑いました 事もあろうか、メイド長はお嬢様の大事な部分を指でなぞったのです [作者名] 亜季乃.

コンコン…失礼いたします 入ってきたのはメイドの中でいちばん偉いメイド長でした メイド長はお嬢様をお膝に乗せお仕置きしている私を見てビックリしていました 「伊里さま!これは何事ですか?」 メイド達はお嬢様係りの執事である私に「さま」をつけます ですが、実質私よりも年上で経験も長いメイド長に私は頭が上がらないのが現実です 私はとっさに 「おやつを持ってお部屋に来ましたら、お嬢様がはしたない事をなさっていたのでお仕置きしております」 と嘘を言いました 「そうなのですか?お嬢様」 メイド長にきかれたお嬢様は何も言わずにこくりと頷かれました ご主人様がいらっしゃらない時にお嬢様が粗相をなさったら、お仕置きをしてもよいと私はいわれておりますので、なんらおかしくない言い訳でした ですが、私もお嬢様もきっと顔に出ていたのでしょう メイド長はこう言いました 「そうですか。ですがお嬢様はもうお年頃でございます。私が伊里さまに変わってお仕置きして差し上げます」 [作者名] いい子だね. 私の名前は伊里、ここのお屋敷のお嬢様の担当執事です お嬢様のお世話はお嬢様がお小さい頃からさせて頂いております 小さい頃はいたずらをしたり、おもらしをしたりしてご主人さまより「お仕置きしてやりなさい」とご命令をうけ 何度もお尻ぺんぺんのお仕置きをいたしました そしてごく最近、お嬢様が中等部にあがられてから、手淫のお仕置きをいたしました それ以来お嬢様は体がむずむずすると私に「伊里ぃ~…」とお声をかけてこられます その度に私はお嬢様のお尻をむき出しにし、恥ずかしいお仕置きをいたします もちろん、使用人とお嬢様の一線を越えるような事は決していたしませんが… これは私とお嬢様だけの秘密のお仕置きでした ところがある日、その秘密のお仕置きをとあるメイドに見られてしまったのです [作者名] 亜季乃.

  • お金持ちのシンボルとして見られることの多い 「執事」 。アニメや映画で一度は見たことがあるが、実際に執事を見たことがある方はほとんどいないだろう。そう、執事とはその実態を知る者が少ない非常に謎多き職業なのである。.
  • 私の名前は伊里、ここのお屋敷のお嬢様の担当執事です お嬢様のお世話はお嬢様がお小さい頃からさせて頂いております 小さい頃はいたずらをしたり、おもらしをしたりしてご主人さまより「お仕置きしてやりなさい」とご命令をうけ 何度もお尻ぺんぺんのお仕置きをいたしました そしてごく最近、お嬢様が中等部にあがられてから、手淫のお仕置きをいたしました それ以来お嬢様は体がむずむずすると私に「伊里ぃ~…」とお声をかけてこられます その度に私はお嬢様のお尻をむき出しにし、恥ずかしいお仕置きをいたします もちろん、使用人とお嬢様の一線を越えるような事は決していたしませんが… これは私とお嬢様だけの秘密のお仕置きでした ところがある日、その秘密のお仕置きをとあるメイドに見られてしまったのです [作者名] 亜季乃.
  • コンコン…失礼いたします 入ってきたのはメイドの中でいちばん偉いメイド長でした メイド長はお嬢様をお膝に乗せお仕置きしている私を見てビックリしていました 「伊里さま!これは何事ですか?」 メイド達はお嬢様係りの執事である私に「さま」をつけます ですが、実質私よりも年上で経験も長いメイド長に私は頭が上がらないのが現実です 私はとっさに 「おやつを持ってお部屋に来ましたら、お嬢様がはしたない事をなさっていたのでお仕置きしております」 と嘘を言いました 「そうなのですか?お嬢様」 メイド長にきかれたお嬢様は何も言わずにこくりと頷かれました ご主人様がいらっしゃらない時にお嬢様が粗相をなさったら、お仕置きをしてもよいと私はいわれておりますので、なんらおかしくない言い訳でした ですが、私もお嬢様もきっと顔に出ていたのでしょう メイド長はこう言いました 「そうですか。ですがお嬢様はもうお年頃でございます。私が伊里さまに変わってお仕置きして差し上げます」 [作者名] 亜季乃.
  • お金持ちのシンボルとして見られることの多い 「執事」 。アニメや映画で一度は見たことがあるが、実際に執事を見たことがある方はほとんどいないだろう。そう、執事とはその実態を知る者が少ない非常に謎多き職業なのである。 ということで、執事とはどんな仕事なのかを知るべく、執事歴8年の 新井直之(あらい なおゆき) さんにインタビュー取材をしてみた。新井さんは現在、自身でも執事の仕事をしながら執事サービスを提供する会社を経営しており、『執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学』という本まで執筆している。 その執事のエキスパート新井さんに執事がどのような仕事をし、どのような生活を送っているのかなど様々な質問をぶつけてみた。すると、とても興味深い答えが次から次へと返ってきたのだ。その気になる答えは、以下の通りである。どうぞ!!

…. 8 … !.

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

日給20万円のバイトに応募してみた! 【毒舌注意】海外サイトが選ぶ「原作は神作だったのに実写化して超ガッカリした日本の漫画3選」 【ベトナム始まってた】パンツ一丁のマッチョ兄貴が優しく接客! ベトナムで誰もが「ウホッ」となる美容室が激写される 被って街に出るのにとても勇気のいる「キャップ」を発見してしまった…… powered by logly lift. お嬢さまは俯いたまま私のお膝にうつぶせに乗られました 「さあ、嘘をついた悪い子にお仕置きを致しますからね」 そう言ってお嬢様のスカートの裾をめくりあげました 白いショーツが丸見えになります お嬢さまは恥ずかしそうにちょっとだけ体を動かされました 「動いてはいけませんよ」 そう言って私はお嬢様の腰をしっかりと抑えました そして ぱちーーん! 下着の上から思いっきり平手で叩きました ぱちーーん! 「ぅ~~ん…」 ぱちーーん! 「ゃ…」 ぱちーーん! 「ぁ…」 私はゆっくりとお嬢様のお尻を叩きます そのたびにお嬢様は腰をびくっと動かされ、小さな声を漏らされます ぱちーーん! 「ぁ…」 ぱちーーん! 「ぅ~…」 しばらく叩いて私はお嬢様の下着に手をかけました 「反省の様子が見られないですよ?」 ハイロー 林蘭丸 「悪い子にはこうです!」 そう言って私はお嬢様の下着をお尻の下までいっきに下ろしました 「や…やだあ…」 小さな声でお嬢様はそう言われました お顔は恥ずかしさで真っ赤になっています 「これもお仕置きですからね!さあ、まだまだお仕置きは続きますよ」 ぱちーーん! 私は再び平手でお尻を叩きました 今度はいちど叩くたびにお嬢様のお尻をゆっくり撫でます ぱちーーん! 「ぁ…ゃ…やだ…」 ぱちーーん! 「ん…伊里ぃ…」 ぱちーーん! 「やだ…ぁ…」 お尻を撫でるたびにお嬢様はお尻をくねくねと動かされます 「動いてはいけないと言ったはずですよ!」 ぱちーーん! ぱちーーん! 「だ…だって…」 「だってなんですか?」 ぱちーーん! ぱちーーん! 「だって…」 最近のお嬢様はこうやってお仕置きされながらお尻を撫でられるのがお好きなようです その証拠にお嬢様のアソコはじっとりと濡れてきていました その時部屋のドアをノックする音がしたのです [作者名] 亜季乃.

週間 【ヤバい】美容室で「ラーメンマンの髪型にして下さい」とお願いしたら想像の倍ラーメンマンになった 【超朗報】ケンタッキー、期間限定「円パック」でついに本気を出す!「創業記念パック」をも上回る最強コスパ!!

I.

 また調べる...